May 29, 2019 / 1:04 AM / 3 months ago

バイデン氏、教員給与の引き上げや公立学校の支援拡大を表明

 5月28日、2020年米大統領選の民主党候補指名争いに出馬表明したバイデン前副大統領は、ヒューストンでの遊説で、教員の給与引き上げや低所得者世帯の通う公立学校への補助金拡充を表明した。遊説中支援者に手を振る同前副大統領。フィラデルフィアで18日撮影(2019年 ロイター/MARK MAKELA)

[ワシントン 28日 ロイター] - 2020年米大統領選の民主党候補指名争いに出馬表明したバイデン前副大統領は28日、ヒューストンでの遊説で、教員の給与引き上げや低所得者世帯の通う公立学校への補助金拡充を表明した。

民主党の指名者争いレースでトップを走っているバイデン氏は、米国教員連盟(AFT)主催のイベントに参加。低所得世帯の子どもが多く通う学校への連邦政府補助金を年間500億ドルと、現在から3倍に拡大し、そうした学校の教員給与の引き上げや、幼稚園・保育園の設立などを提案した。

さらに、公立学校で心理カウンセラーやソーシャルワーカー、看護婦などの職員を増やす方針も示した。

また、攻撃用武器や装弾数の多い銃の規制に向けて議会に働きかけるとし、学校をより安全な場所にすると表明した。ただ、共和党や銃規制に反対するロビー団体の反発は必至とみられる。

AFTと別の教職員団体の米教育協会(NEA)は、まだバイデン氏への支持を正式には表明していない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below