for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コロナ危機と人種争いが「トランプ氏の米国」、バイデン氏が非難

[27日 ロイター] - 米民主党の大統領候補であるバイデン前副大統領は27日、新型コロナウイルス感染と人種間の争いが米全土で広がっているとして、トランプ大統領を非難した。

今週開催されている共和党全国大会では、バイデン政権が誕生すれば混乱を招くという主張が展開されているが、バイデン氏はMSNBCに「トランプ氏は火に油を注ぎ続けているだけで、全く沈静化させていない。これが彼の米国だ」と反論。「今の状況を終わらせたいのなら、トランプ氏の大統領在任期間を終わらせる必要がある」と述べた。

また、「新型コロナ感染症の死亡者全てが安全性を巡る最大の問題」とし、「トランプ大統領の政権下では、米史上で最も多くの命が日常的に奪われている」とした。

トランプ大統領は共和党大会最終日の27日夜にスピーチを行う。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up