for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏、コロナワクチン巡るトランプ氏発言を批判

[17日 ロイター] - 11月の米大統領選の民主党候補であるバイデン前副大統領は17日、新型コロナウイルスのワクチンが数週間以内に準備できるかもしれないとするトランプ米大統領の主張を理にかなっていないと批判し、国民はトランプ氏の発言を信頼することはできないとの見方を示した。

バイデン氏はペンシルベニア州で開かれたCNN主催の市民との対話集会で「ワクチンの準備ができて、明日には全てがうまくいくという考えは理にかなっておらず合理的でない」と批判した。

トランプ氏は16日、新型コロナのワクチンが11月3日の大統領選前に供給可能になるとの見方を再度示した。

一方、米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長など大半の専門家は、ワクチンの全国的な供給が可能になるのは2021年半ばになるとの見方を示している。

トランプ氏は、バイデン氏が「反ワクチン」のメッセージを広めていると批判。一方バイデン氏は、ワクチンの安全性を巡りトランプ氏ではなく専門家の意見を聞くと強調している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up