March 1, 2020 / 11:54 PM / 3 months ago

米大統領選指名争いからブティジェッジ氏撤退、バイデン氏に追い風か

[1日 ロイター] - ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長は1日、11月の米大統領選に向けた民主党の候補指名争いから撤退すると明らかにした。

初戦のアイオワ州で僅差ながら勝利し、第2戦のニューハンプシャー州でも2位につけたが、2月29日のサウスカロライナ州予備選では4位に終わった。14州の予備選などが集中する3月3日の「スーパーチューズデー」を前に撤退する。

ブティジェッジ氏は、サウスベンドで支持者を前に1日夜、「われわれの目的は常に、ドナルド・トランプに打ち勝ち、われわれの価値のための時代を勝ち取るため、米国民を結束させることだ」と述べ、撤退を表明した。

陣営関係者によると、ブティジェッジ氏は、指名候補争に残ることで急進左派のサンダース上院議員の独走を助けるという事態を防ぐため、撤退を決めたという。

サウスカロライナ州で3位だった富豪のトム・ステイヤー氏も29日に撤退を表明しており、民主党の指名争いに残る候補者は6人となった。

ブティジェッジ氏の撤退は、サウスカロライナ州で圧勝し、スーパーチューズデーに向けて弾みをつけたバイデン前副大統領に有利に働く可能性がある。

これより先、民主党の候補者らはアラバマ州の教会で行われた公民権運動の記念行事に参加した。米国初の黒人大統領となったオバマ氏の副大統領を務めたバイデン氏が温かい歓迎を受けた一方、ブルームバーグ氏に対しては、演説中に一部の聴衆が背中を向けるなど冷ややかな対応が見られた。

同氏はニューヨーク市長時代に、黒人やヒスパニック系の人々を集中的に所持品検査する政策を支持したことで批判を浴びている。

黒人有権者は民主党の重要な支持層であり、ブルームバーグ氏が今後の選挙戦で黒人有権者の支持獲得に苦戦する可能性が浮き彫りになった。

バイデン氏とブルームバーグ氏は、急進左派のサンダース氏を民主党候補に立てれば、本選でトランプ大統領に勝てないと主張し、トランプ氏に対抗するには自身が最良の党候補だと有権者にアピールしようとしている。

 3月1日、11月の米大統領選に向けた民主党の候補指名争いで、ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長が撤退を準備していることが、陣営関係者の話で明らかになった。2月29日、ノースカロライナ州で撮影(2020年 ロイター/Eric Thayer)

バイデン氏はフォックス・ニュース番組で「民主党は、社会主義者でなく、元共和党員でもない、民主党員を候補として必要としている」と強調した。バイデン氏の共和党に関する言及は、過去に共和党員だったブルームバーグ氏を指していると思われる。

民主党内では先週、サンダース氏の独走を警戒する声があがった。国民皆保険制度など、サンダース氏が提唱する急進的な政策は、穏健派の有権者を遠ざける恐れがあるとの懸念が出ている。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below