for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏支持者らが街頭で勝利祝う、トランプ派は激戦州でデモ

 開票作業が長引いた米大統領選で7日、民主党のバイデン候補がペンシルベニア州を制して勝利したとのニュースに全米各地のバイデン氏の支持者らは街頭に出て歓喜の声を上げた。地元デラウェア州のウィルミントンで撮影(2020年 ロイター/Mark Makela)

[ワシントン/フィラデルフィア 7日 ロイター] - 開票作業が長引いた米大統領選で7日、民主党のバイデン候補がペンシルベニア州を制して勝利したとのニュースに全米各地のバイデン氏の支持者らは街頭に出て歓喜の声を上げた。ニューヨークなどの大都市ではダンスをしたりフライパンや鍋を鳴らなどして祝う姿が見られた。

一方、まだ敗北を認めていないトランプ大統領の支持者らは激戦州の州都を中心にデモを行ったが、規模は小さめだった。バイデン氏の支持者らと対峙する光景もみられたが、激しい衝突などは報告されていない。

首都ワシントンのホワイトハウス周辺では主要テレビ局がバイデン氏の当選確実を報じてからわずか数分で支持者らが集い、歓声が響いた。新型コロナウイルス感染予防のため、多くの人がマスクを着用した。教師のデュアン・フィッツヒューさんは「4年前にこの国は黒い影のようなものに覆われた。何年も解放されるのを待っていた」と語った。

ニューヨーク市も祝賀ムードにあふれた。マンハッタンのコロンバス・サークルで予定されていたデモは、選挙の結果が決まったのを受けダンスパーティーに早変わりした。

ジョージア州アトランタ、ルイジアナ州ニューオーリンズ、カリフォルニア州サンフランシスコなどでも同様にバイデン氏の勝利を祝う人々が集った。一方、ペンシルベニア、ミシガン、アリゾナなど激戦州の州都では多数のトランプ氏支持者らがデモを行ったが、バイデン氏の勝利を祝う集会に比べると規模は小さかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up