Reuters logo
クリントン氏、選挙戦略と陣営の変更を前倒しで検討=ポリティコ
February 8, 2016 / 11:58 PM / 2 years ago

クリントン氏、選挙戦略と陣営の変更を前倒しで検討=ポリティコ

[ワシントン/マンチェスター(米ニューハンプシャー州) 8日 ロイター] - 米大統領選に向けた指名争いの第2戦となる9日のニューハンプシャー州予備選を前に、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は、陣営のスタッフと選挙戦略の変更を前倒しで検討している。

 2月8日、米大統領選に向けた指名争い第2戦となる9日のニューハンプシャー州予備選を前に、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(写真右)は、陣営のスタッフと選挙戦略の変更を前倒しで検討している。ニューハンプシャー州で8日撮影(2016年 ロイター/Brian Snyder)

米政治情報サイトのポリティコが8日、複数の関係筋の話として伝えた。

クリントン氏と夫のビル・クリントン元大統領は当初、第4戦の終了後にスタッフと戦略の見直しを計画していたが、スタッフへの不満を募らせ、早期の見直しを求めたという。見直しでは、現在のスタッフの解雇よりも新たなスタッフの追加を選ぶ方向だという。

MSNBCにこの報道について問われると、クリントン氏は「何についての話か分からない」とした上で、選挙活動の成果を見直す予定だが、陣営のスタッフには満足している、と語った。

一方、クリントン陣営の責任者を務めるジョン・ポデスタ氏はポリティコの報道を否定。ツイッターに「報道内容は全く真実ではなく間違いだ。ヒラリーは彼女のチームを支持している、以上」と書き込んだ。

民主党の候補指名争いで一時独走状態だったクリントン氏は、バーニー・サンダース上院議員の猛追を受けており、初戦のアイオワ州では僅差で勝利を収めたものの、第2戦のニューハンプシャー州ではサンダース氏の勝利が予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below