for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米共和党大会3日目、ペンス副大統領が指名受諾演説へ

[ワシントン 26日 ロイター] - 11月の米大統領選に向けた共和党の全国大会は3日目の26日、ペンス副大統領が指名受諾演説を行う。トランプ大統領の再選に向け、政権の経済政策の成果を強調するとともに、2期目への目標を掲げる見込みだ。

キリスト教保守派のペンス氏は、共和党の強力な支持層であるキリスト教福音派とトランプ氏の間をつなぐ重要な役割を果たしてきた。

また、政府の新型コロナウイルス対応ではホワイトハウスのタスクフォースを率いている。

ホワイトハウスの当局者によると、ペンス氏は演説で、国の明るいビジョンを描くと同時に、民主党の正副大統領候補であるバイデン、ハリス両氏との違いを強調するという。

演説は米国歌のゆかりの地であるメリーランド州ボルチモアのマクヘンリー要塞で行われる。同要塞は連邦政府の管轄下にある。

26日はこのほか、ペンス氏の妻のカレン夫人やサウスダコタ州のクリスティ・ノーム知事、8月末での退任を今週表明したコンウェー大統領顧問も演説する。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up