for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アングル:トランプ氏集会は「感染拡大イベント」だったのか

[1日 ロイター] - 米スタンフォード大学の経済学者らは今週末にインターネットに投稿した論文で、トランプ大統領がこれまで開いた選挙集会が新型コロナウイルスの新規感染者を3万人増やし、700人以上を死亡させた公算が大きいとの試算を示した。

 11月1日、米スタンフォード大学の経済学者らは今週末にインターネットに投稿した論文で、トランプ大統領がこれまで開いた選挙集会が新型コロナウイルスの新規感染者を3万人増やし、700人以上を死亡させた公算が大きいとの試算を示した。ペンシルベニア州で10月31日撮影(2020年 ロイター/Tom Brenner)

同大のダグラス・バーンハイム経済学部長が、6月20日から9月22日までの計18回の集会(うち3回は屋内)のデータを分析。統計モデルを用いてこうした推測をしたと明らかにしている。

感染症の専門家は長い間、トランプ氏の集会が感染の大規模拡大を引き起こす「スーパースプレッダー・イベント」ではないかとの疑念を抱いてきた。ただ今のところ、多くの州で確固とした接触追跡ができないこともあり、具体的な影響をうまく読み取ることができていない。

<何が懸念されるのか>

ここ数カ月、トランプ氏はペンシルベニア、ミネソタ、ウィスコンシンといった既に新型コロナの感染者が増加傾向にあった州で、何十回も集会を開いてきた。

そうしたイベントには毎回、数千人が参加したと推定される。大半は屋外で開催されたとはいえ、映像を見る限り、参加者は非常に密集し、マスクを着用していない人が多く、トランプ氏を迎えて歓呼する際にウイルスを拡散させるリスクを生み出している。

ジョンズ・ホプキンズ・センター・フォー・ヘルス・セキュリティーの感染症専門家アメシュ・アダルジャ氏は、マスクをつけていない大集団がウイルスを広げる公算が大きいと主張するのは「大げさなこじつけ」ではないと指摘。スタンフォード大の論文については、選挙集会から感染が拡大したことを「暗示してくれる」と一定評価しつつ、実際の感染者数の調査に基づくわけでないため、確定的なものではないとの見方を示した。

<判明していること>

ミネソタ州の公衆衛生当局は、9月と10月にトランプ氏が開いた集会で新型コロナの感染拡大が4件発生し、25人強が感染したと断定した。

ロイターがさらに11州の公衆衛生当局に取材したところ、いずれも集会の接触追跡ができていないと回答したが、ミシガンやウィスコンシンなど一部州は、トランプ氏の集会に出た後、新型コロナ検査で陽性が判明した人がいたと判断している。

<必要なデータは>

専門家によると、これほどの大規模イベントできっちりと接触追跡ができれば、今後そうした集会でどれぐらい感染者が出るか正確な予測を導き出せる。

ところが米国は、この分野で他の先進国ほど進んでいない。トランプ政権が接触追跡のための十分な予算を拠出せず、協力的でないからだ。

スクリップス・リサーチ・トランスレーショナル・インスティテュートのゲノム(総合的な遺伝子情報)専門家、エリック・トポル博士は「問題はわれわれが現実の数字を把握するために何もしていないことにある」と語り、その代わりに推測・統計モデルに頼るしかないことになると付け加えた。

例えば科学者が、新型コロナウイルスが別の人に移動するのに伴う遺伝子コードの瞬時の変化を解析すれば、ウイルス伝播地図の開発につなげられる。オーストラリア、香港など米国以外の地域では、この技術は新型コロナの感染者の追跡に既に利用されている。

トポル氏は「もし1つでも明確に追跡された集会があれば、そこから推論を組み立てることができる。だがそうしたことが可能な集会はゼロだ」と述べ、米国ではまるで接触追跡の技術が存在していないかのようだと嘆いた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up