March 9, 2020 / 11:49 PM / 25 days ago

米民主ウォーレン氏の撤退、バイデン氏に恩恵=世論調査

 3月9日、ロイター/イプソスが発表した世論調査によると、ウォーレン米上院議員(左)の民主党大統領候補指名争いからの撤退は、サンダース上院議員よりバイデン前副大統領(右)の利益になるとみられている。写真はニューハンプシャー州マンチェスターで2月撮影(2020年 ロイター/Brian Snyder)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - ロイター/イプソスが9日発表した世論調査によると、エリザベス・ウォーレン米上院議員の民主党大統領候補指名争いからの撤退は、バーニー・サンダース上院議員よりジョー・バイデン前副大統領の利益になるとみられている。

調査は6─9日に全米で実施し、1114人が回答した。登録済みの民主党員と無党派層の47%が、その日投票するならバイデン氏と回答。ウォーレン氏が撤退を発表した5日の直前に実施された同様の調査から7ポイント上昇した。

サンダース氏との回答は30%で、前回調査から変わらずだった。

今回の調査で、ウォーレン氏支持者はサンダース氏よりもバイデン氏の支持に流れていることが明らかになった。

10日はミシガン州やワシントン州など6州で予備選が行われる。

ウォーレン氏はまだ他候補への支持を明らかにしていない。同じく指名争いから撤退したブティジェッジ氏、クロブシャー氏、ブルームバーグ氏、ハリス氏はいずれもバイデン氏支持を表明した。

調査では、サンダース氏支持者の約6割が、バイデン氏が民主党候補となった場合彼に投票すると回答した。3割は棄権、第3政党の候補者に投票、わからないとなっている。

また1割はバイデン氏が候補となった場合、トランプ氏に投票すると回答した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below