November 4, 2016 / 3:37 AM / 3 years ago

FBI、クリントン陣営を標的とした偽造文書を捜査=関係筋

 11月3日、米連邦捜査局(FBI)と米情報当局は、米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏にダメージを与えることを目的とした偽造文書を捜査している。写真はクリントン氏。フロリダ州 で1日撮影(2016年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)と米情報当局は、米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏にダメージを与えることを目的とした偽造文書を捜査している。ロシアによる米大統領選の妨害工作とみて行っている幅広い捜査の一環だという。同件に詳しい情報筋が述べた。

複数の情報筋によると、米上院国土安全保障政府問題委員会のトム・カーパー民主党上院議員は、FBIが捜査している文書の1つについて、自身の名前と文房具が本物のように偽造されていたと言及した。

偽装と特定されたこのメールで、カーパー氏はクリントン氏に「私たちはあなたをこの選挙で敗北させない」と書いていたという。メールを見た人がロイターに語った。情報筋によると、このメールは、FBIと司法省に再調査のためにここ数週間で提出された複数の文書の一つだという。

カーパー氏の報道官はコメントを拒否した。

関係筋によると、ロシアの関与が疑われるハッキングに関する調査の一環として、FBIの捜査官らは民主党の当局者らに、メールと共に流出した偽造が疑われる他の書類や、ハッキングされた本物の書類のコピーを提出するよう要請したという。

FBIの報道官は、同局が大統領選に関する「偽物とみられるメールについての申し立てを受け取って」いることを確認したが、詳細は明らかにしなかった。また、複数の関係者らは、FBIが最近公表された他の偽造文書も捜査していると述べた。

カーパー氏のメールを含め、偽造文書の出所や、流通経路などは明らかになっていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below