for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領選、討論会受けバイデン陣営と民主党に選挙資金集まる

29日の米大統領選第1回テレビ討論会を受け、バイデン前副大統領の陣営と民主党に選挙資金が集まっていることが分かった。選挙戦が残り約1カ月となる中、バイデン陣営が資金面で優位を広げる可能性がある。写真はオハイオ州で9月撮影(2020年 ロイター/MIKE SEGAR)

[30日 ロイター] - 29日の米大統領選第1回テレビ討論会を受け、バイデン前副大統領の陣営と民主党に選挙資金が集まっていることが分かった。選挙戦が残り約1カ月となる中、バイデン陣営が資金面で優位を広げる可能性がある。

事情に詳しい関係者によると、バイデン陣営は討論会の時間中と直後に合わせて1000万ドル近くの資金を集めた。このうち380万ドルは1時間のうちに集まり、過去最高となった。新たな支持者6万人を含む21万5000人が献金したという。[nL4N2G649O]

民主党の主要な資金調達サイト「アクトブルー」の追跡ツールによると、同サイトでは第1回討論会の開始後16時間で3600万ドル超の献金を処理した。

トランプ大統領の陣営と共和党全国委員会(RNC)は29日夜の資金調達額についてコメントの要請に応じていない。共和党の資金調達サイト「ウィンレッド」には公の追跡ツールはない。

民主党への献金は、リベラル派のギンズバーグ連邦最高裁判事の死去後に急増した。トランプ氏は保守派のバレット連邦高裁判事を後任に指名し、共和党は11月の大統領選を待たずに早期に空席を埋める意向を示している。

ギンズバーク氏死去のニュースが流れた9月19日夕以降にアクトブルーが処理した献金額は、30日午前の時点で4億2000万ドルに達した。16年前に同サイトが立ち上げられて以降に集めた資金総額の6%に相当する額を2週間足らずで調達したことになる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up