Reuters logo
米大統領選共和党候補、ルビオ氏がトランプ氏の対抗馬に浮上か
2016年2月23日 / 03:39 / 2年後

米大統領選共和党候補、ルビオ氏がトランプ氏の対抗馬に浮上か

[ワシントン 22日 ロイター] - 米大統領選の共和党指名候補争いで、第4戦となるネバダ州予備選を23日に控え、マルコ・ルビオ上院議員が首位を走る不動産王ドナルド・トランプ氏の対抗馬の座の確保に向け勢いづいている。

 2月22日、米大統領選の共和党指名候補争いで、第4戦となるネバダ州予備選を23日に控え、マルコ・ルビオ上院議員が首位を走る不動産王ドナルド・トランプ氏の対抗馬の座の確保に向け勢いづいている。写真はネバダ州で撮影(2016年 ロイター/CHRIS KEANE)

ルビオ氏が22日に多くの共和党有力者から支持を獲得したことに加え、ライバル陣営の失態もルビオ氏に有利に働いている。

オリン・ハッチ上院議員(ユタ州)、アーカンソー州のアサ・ハッチンソン知事、元大統領候補のボブ・ドール氏など共和党の有力者はこの日、ルビオ氏への支持を表明した。

20日行われた南部サウスカロライナ州予備選ではトランプ氏が大差で勝利。ルビオ氏はテッド・クルーズ上院議員に僅差で勝ち、2位となったものの、両陣営の争いは激しさを増している。

クルーズ氏は22日、ルビオ氏が聖書を侮辱したと誤解させる内容のビデオをツイッターやフェイスブックで流したとして、陣営の広報責任者を解雇した。この責任者は21日遅く、不正確な話を掲載したとして謝罪していた。

クルーズ氏は22日、責任者の解雇を発表するとともに、自身の陣営は他の候補者の信条を疑問視することはない、と述べた。

23日のネバダ州予備選は3月1日のスーパーチューズデー前の最後の共和党の予備選となる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below