May 16, 2018 / 5:33 AM / 2 months ago

米民主党、ペンシルベニア州で予備選 下院過半数獲得の鍵に

[ワシントン 15日 ロイター] - 米民主党は15日、11月の中間選挙で鍵となる東部ペンシルベニア州で、下院選の候補者を選ぶ予備選を実施した。

 5月15日、米民主党は、11月の中間選挙で鍵となる東部ペンシルベニア州で、下院選の候補者を選ぶ予備選を実施した。写真は5日、有権者に手を振る候補者たちとその支援者ら。ペンシルベニア州で撮影(2018年 ロイター/MARK MAKELA)

中間選挙で民主党が下院の過半数を獲得するためには、全米で共和党から23議席を奪う必要があるが、アナリストは、ペンシルベニア州だけで最大5議席の獲得が可能とみている。

最も注目されていた選挙区では、候補者の中で最も正統派のスーザン・ワイルド氏が、中絶に反対する穏健派候補を僅差で抑えて勝利した。

民主党が議席獲得を目指す別の選挙区では、スコット・ワラス氏が勝利し、共和党現職のブライアン・フィッツパトリック議員と対決する。

民主党はこのほか、区割りが見直されたフィラデルフィア郊外の3選挙区で共和党から議席を奪うと予想されている。

ペンシルベニア州では今年に入り州最高裁が、連邦議会選の選挙区は共和党に有利に区割りされているとの判断を示し、区割りが見直されたほか、共和党現職の6議員が再選を目指さないこともあり、一部選挙区で混戦が予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below