September 12, 2018 / 6:04 AM / 2 months ago

米ニューハンプシャー州予備選、民主・共和が下院選候補選出

 9月11日、11月の米中間選挙の下院選候補を決める予備選がニューハンプシャー州で行われ、中間選挙の鍵を握るとみられる地区で民主・共和両党の候補者が出そろった。写真は民主党候補のクリス・パパス氏。マンチェスターで11日撮影(2018年 ロイター/BRIAN SNYDER)

[11日 ロイター] - 11月の米中間選挙の下院選候補を決める予備選が11日にニューハンプシャー州で行われ、中間選挙の鍵を握るとみられる地区で民主・共和両党の候補者が出そろった。

民主党候補には、元州議会議員でレストランオーナーのクリス・パパス氏が選ばれた。民主党現職のキャロル・シアポーター議員は任期終了に合わせて引退する。

民主党の予備選は米海軍の退役軍人でオバマ政権当局者だったモーラ・サリバン氏や、バーニー・サンダース上院議員の息子、レビ・サンダース氏ら11人が戦った。

共和党予備選は6人が争い、トランプ大統領の弁護士を務めるルディ・ジュリアーニ氏の後押しを受けた元警察署長のエディー・エドワーズ氏が勝利した。

同地区は民主、共和党の間で支持が変わりやすいことで知られる。また、過去の大統領選では同地区で支持の多かった候補が勝利しているが、同地区はその後の中間選挙で政権に就いていない党を支持する傾向がある。

下院の過半数獲得を目指す民主党にとっては、同地区の議席を維持することが極めて重要になる。

ブックメーカーは同地区が民主党に傾いていると分析している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below