November 15, 2018 / 3:09 AM / a month ago

米下院選、2州で共和党現職が敗北宣言 ユタでは再集計巡り訴訟も

U.S. Representative Mia Love (R-UT) speaks at the Utah County Republican Party Lincoln Day Dinner, in Provo, Utah, U.S. February 16, 2018. REUTERS/Jim Urquhart - RC12FDBD87F0

[14日 ロイター] - 今月6日の米中間選挙で、まだ勝敗が確定していないユタ州の選挙区で出馬した共和党の現職下院議員が14日、票の再集計の中止を求めて州の裁判所に提訴した。

一方、カリフォルニア州とニュージャージー州では14日、共和党の現職下院議員がそれぞれ敗北を認め、民主党の2議席が確定した。

今回の中間選挙では、投票日から1週間以上が経っても未だ10以上の選挙区で勝敗が確定していない。ただ、これらの議席の勝敗によって、共和党が上院の過半数を維持し民主党が下院の過半数を奪還した選挙全体の結果が変わることはない。

上院選と知事選で大激戦となったフロリダ州では再集計が続いている。

ユタ州では、現職の共和党ミア・ラブ下院議員が票の再集計中止を求めて州の裁判所に提訴。ラブ議員は、選挙監督者が投票確認の際に気づいた点について申し立てを行うことを選挙管理当局者が認めていないと主張している。

ラブ議員は今回の下院選で、民主党のベン・マクアダムズ候補に約1200票、1%ポイント弱のリードを許している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below