for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領選、フロリダはトランプ氏優位 他の激戦州は接戦

[ウィルミントン(米デラウェア州)/ワシントン 3日 ロイター] - 共和党候補の現職ドナルド・トランプ米大統領(74)と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が争う米大統領選は、注目されているフロリダ州でトランプ氏がわずかにリードしている。一方、ノースカロライナなど他の激戦州では接戦となっている。

エジソン・リサーチによると、日本時間午後0時11分時点でバイデン氏が89人、トランプ氏が72人の選挙人を獲得。勝利するには270人の獲得が必要となる。

現職のトランプ氏が勝利するのに必須とされるフロリダ州は、推定82%まで開票が進んだ暫定集計でトランプ氏が50.5%、バイデン氏が48.5%を獲得している。

エジソン・リサーチによると、オハイオ州はトランプ氏が50.5、バイデン氏が48.1%、ジョージア州もトランプ氏が55.8%、バイデン氏43.0%とトランプ氏がリード。

一方、ノースカロライナ州はバイデン氏が50.3%、トランプ氏が48.5%、アリゾナ州はバイデン氏54.9%、トランプ氏43.8%となっている。

テキサス州はバイデン氏49.8%、トランプ氏48.7%。

エジソン・リサーチは、インディアナ、ルイジアナ両州でトランプ氏が勝利すると予想。APによると、トランプ氏はケンタッキー、サウスカロライナ、ミシシッピ、アラバマ、カンザスの各州でも勝利する見通し。FOXニュースは、ウエストバージニア、ミズーリ両州もトランプ氏が勝つと報じている。

一方、FOXニュースは、バイデン氏がバーモント、バージニア、ロードアイランド、イリノイ、メーンの各州で勝利すると予想。

エジソン・リサーチによると、コロラド、メリーランド、マサチューセッツ、デラウエアの各州もバイデン氏が制するとみられる。

 11月3日、共和党候補の現職ドナルド・トランプ米大統領(74)と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が争う米大統領選の開票が始まり、激戦州の中で最も注目されているフロリダ州は、トランプ氏がわずかにリードしている。10月30日、カリフォルニア州ロサンゼルスで撮影(2020年 ロイター/Lucy Nicholson)

このほか、APなどによると、コネティカット州もバイデン氏が勝利の見込み。

開票結果は米国東部標準時3日午後7時(日本時間4日午前9時)以降に判明し始めたものの、多くの州では集計が数日にわたって続く可能性がある。

賭けサイトではスマーケッツのオッズはトランプ氏勝利の確率52%、バイデン氏45%を反映。スマーケッツもトランプ氏勝利の確率65%とバイデン氏の36%を上回っている。

またFOXニュースによると、下院選は民主党が過半の議席を獲得する見込みとなった。

※〔情報BOX〕米大統領選、メディアの結果速報(午前10時10分時点)[nL4N2HQ07J]

※グラフィックス

開票速報 tmsnrt.rs/2J2H9o8

here(ウェブ版)

州ごとの結果 tmsnrt.rs/3kwOKJr

here(ウェブ版)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up