for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏がネバダ州で優勢、トランプ氏訴訟拡大へ 米大統領選

[ワシントン 5日 ロイター] - 米大統領選の開票が5日も続く中、民主党のバイデン大統領候補がネバダ州でリードを拡大し、当選に必要な選挙人270人の獲得に迫っている。

バイデン氏は他の激戦州ウィスコンシン州を制したもようで、アリゾナ州でも小幅ながらリードを維持。ペンシルベニア、ジョージア両州でも追い上げをみせている。

再選を目指す現職のトランプ大統領が勝利するには、リードを維持しているノースカロライナ州に加え、アリゾナもしくはネバダいずれかの州で勝利する必要がある。

また、トランプ陣営は法廷闘争に動き、これまでに複数州で集計の停止や再集計を要求。さらに、同日中にペンシルベニア、ネバダ両州で新たな訴訟を起こす方針を示している。

バイデン陣営は一連の訴訟について、「バイデン氏が次期米大統領に就任するという不可避な結果を遅らせる試みでしかない」とコメントした。

法律専門家らは、トランプ陣営による一連の訴訟が最終的に選挙結果に影響する公算は小さいとの見方を示している。

ミシガン州の裁判所はこの日、トランプ陣営による集計停止を求める訴えを退けた。

エジソン・リサーチによると、米東部時間5日午後1時(日本時間6日午前3時)時点で、選挙人獲得数はバイデン氏が243人、トランプ大統領が213人。

トランプ大統領は大統領選から2日後も開票が続いていることにいら立ちを示し、「集計をストップしろ!」とツイッターに投稿した。

さらに「大統領選挙後に到着したいかなる票も集計されない!」とも主張。ツイッターはこの投稿に警告ラベルを表示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up