for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米共和党内でトランプ氏に円滑な政権移行求める声高まる 

[ワシントン/ウィルミントン(米デラウェア州) 12日 ロイター] - 米共和議員の間ではトランプ米大統領に対して、バイデン氏への政権移行に協力し、機密情報に関するブリーフィングをバイデン氏が受けられるようにすべきだとの声が高まっている。

トランプ氏は選挙に不正があったとして法廷闘争を繰り広げており、依然敗北を認めていない。一方、バイデン氏は政権移行の準備を着々と進めており、12日にはローマ教皇フランシスコと電話会談した。

大統領就任が内定した候補には、就任前に国家安全保障上の脅威を把握するために機密情報に関するブリーフィングが提供されるのが通例となっている。ただ、こうした引き継ぎは円滑に進んでいない。

ジョン・コーニン上院議員やリンゼー・グラム上院議員を始め多くの共和党議員は、トランプ政権はバイデン氏に機密情報に接する権限を与えるべきだと主張している。

また、トランプ氏が選挙の不正を主張して法廷闘争を続けていいること対して疑問視する声も共和党内からは出ている。オハイオ州のマイク・デウィン知事(共和党)は12日、CNNに対して「われわれはバイデン前副大統領を次期大統領と考える必要がある」と語った。

共和党の大口献金者として知られるシェルドン・アデルソン氏が保有するラスベガス・レビュージャーナル紙は論説で「選挙での不正がトランプ氏に影響を及ぼしたとの証拠はない。大統領がどれだけツイッターで反論し、支持者がそう願ったとしてもだ」と指摘した。

共和党のジョージ・W・ブッシュ政権で次席補佐官を務めたカール・ローブ氏はウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙への寄稿で、「法廷闘争の日々が終了した時点で大統領は平和的な政権移行を主導し、怒りを捨て、米国を団結させるために大統領としての役目を果たすべきだ」と主張した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up