May 20, 2019 / 5:25 AM / 3 months ago

米大統領選の民主党指名争い候補、トランプ氏の対イラン政策批判

 5月19日、2020年の米大統領選で民主党の候補者指名レースに名乗りを上げているトゥルシー・ギャバード下院議員とセス・モールトン下院議員は、トランプ米大統領の対イラン政策を批判した。写真は演説するギャバード下院議員。ワシントンで15日撮影(2019年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 19日 ロイター] - 2020年の米大統領選で民主党の候補者指名レースに名乗りを上げているトゥルシー・ギャバード下院議員とセス・モールトン下院議員は19日、トランプ米大統領の対イラン政策を批判した。

ギャバード氏はABCテレビ番組で「トランプ氏はイランとの戦争という危険な道に米国を導いている」と述べ、戦争を望んでいないとトランプ氏は主張しているが、トランプ氏だけでなく、ジョン・ボルトン大統領補佐官やマイク・ポンペオ国務長官などの政権幹部の言動をみれば、そうでないことが分かると指摘した。

その上で、イラク戦争よりもはるかにコストがかかり、より壊滅的で危険なイランとの戦争に向け準備を整えていると批判した。

また、海兵隊員としてイラクに従軍した経験を持つモールトン氏も別のテレビ番組で、トランプ氏が湾岸地域にさらに部隊を派遣すれば、米国を戦争に引きずり込むと強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below