for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ルイジアナ知事選決選投票、保守層強い地域で民主再選

 11月16日、米南部ルイジアナ州で知事選の決選投票が実施され、主党現職のエドワーズ氏(写真)が共和党のリスポーニ候補を破って再選された。2018年6月15日撮影(2019年 ロイター/Jonathan Bachman)

[16日 ロイター] - 米南部ルイジアナ州で16日、知事選の決選投票が実施された。即日開票の結果、民主党現職のエドワーズ氏が共和党のリスポーニ候補を破り、再選された。

トランプ氏は、数回現地入りし、ツイッターでも支持を呼びかけるなどしてリスポーニ氏を応援していたが、民主党は保守層の強い最南部州で唯一の知事職を維持した。

得票率はエドワーズ氏が51%、リスポーニ氏が49%。

最近行われた州知事選では、ケンタッキー州で民主党のベシア州司法長官が、共和党の現職ベビン知事に勝利した。一方、ミシシッピ州では、共和党のリーブス州副知事が民主党のフッド州司法長官に勝利した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up