February 14, 2020 / 5:18 AM / a day ago

焦点:民主党の米大統領選指名争い、一段と不透明に

[ナシュア(米ニューハンプシャー州) 12日 ロイター] - 米大統領選の民主党指名候補選出で第1陣のアイオワ州党員集会と次のニューハンプシャー州予備選が終了、結果が順調だったサンダース上院議員は党左派の旗手として立場を固めたと考えているかもしれない。しかし、一方で、同氏をかわす候補の元に、はせ参じたいと考えている穏健派にとっては、情勢は一段と不透明にさえなってきた。

1月12日、米大統領選の民主党指名候補選出で第1陣のアイオワ州党員集会と次のニューハンプシャー州予備選が終了。写真は1月、アイオワ州デモインで開かれた民主党候補者討論会に参加する(右から)クロブシャー氏、ブティジェッジ氏、サンダース氏、バイデン氏、ウォーレン氏(2020年 ロイター/Shannon Stapleton)

インディアナ州サウスベンド市長のブティジェッジ氏は、アイオワ州では僅差ながらの勝利で、穏健派からの好感をしっかり得たとみられたが、それもニューハンプシャー州でクロブシャー上院議員が善戦するまでだった。同州で2人はおおむね、穏健票をほぼ分け合う結果になった。

アフリカ系と中南米系国民の支持が高いただ1人の穏健候補であるバイデン前副大統領は、2州で大きく出遅れたが、非白人人口の多い次のネバダ州とサウスカロライナ州での雪辱を誓っている。

ブティジェッジ、クロブシャー、バイデンの3氏は、ブルームバーグ前ニューヨーク市長のスーパーチューズデー(3月3日の10州以上での予備選)からの参戦にも備えつつある。ブルームバーグ氏はカリフォルニア州やテキサス州など資金のかさむ州で戦うために、前代未聞の規模の個人資金を投入する選挙運動を繰り広げている。

序盤2州の結果は、本選でトランプ大統領を打ち負かすための候補指名争いはこれから何週間も、場合によっては何カ月も続くかもしれないことを示唆している。最終的にだれが最も穏健派の支持を集められるかが鍵になりそうだ。

ニューハンプシャー州予備選は開票率91%段階で、ブティジェッジ、クロブシャー、バイデン3氏の合計が53%。サンダース氏と同じく左派のウォーレン氏を合わせた35%を大きく上回った。無党派や共和党支持者も含めた幅広い有権者にアピールする可能性のある中道派候補が選ばれやすいことの表れかもしれない。

ボストン大学の政治学者デービッド・ホプキンズ氏は、サンダース氏が「代議員獲得で大きくリードするのはまだ容易ではない」と語る。「もし他の候補者たちも健闘して誰も脱落しない場合でも、われわれは前に進んでいかなければならない」

民主党指名候補選出では、代議員3979人のうちアイオワ州とニューハンプシャー州への割り当ては65人にすぎない。

<パニック>

サンダース氏はヒラリー・クリントン氏との一騎打ちとなった2016年のニューハンプシャー州予備選では60%を得票したが、今回は30%に届かなかった。とはいえ、サンダース氏が辛勝したことで、勢いを増すチャンスを得たのは間違いない。

民主党主流派の大半は、筋金入りのリベラル派であるサンダース氏ではトランプ氏に勝てないだろうと懸念している。

民主党のストラテジスト、ジョエル・ペイン氏は「サンダース氏が首位に付くとの見方で、民主党主流に一種のパニックが始まっている」と話し、「そんな話がかつてないほど聞こえてくる」とも指摘した。

<次の段階>

次の舞台となるネバダ州とサウスカロライナ州は有権者の人種構成が多様化しており、白人人口が90%超を占めるアイオワ州、ニューハンプシャー州とは結果は異なる可能性がある。

非白人や若者や浮動票層に焦点を当ててきたサンダース氏は、中南米系人口の多いネバダ州で勝つ可能性は高い。一方でバイデン氏は巻き返しを賭けて、サウスカロライナ州の黒人層の支持を集めたいと考えている。

米キニピアック大学の今週の世論調査では、黒人の民主党支持層でバイデン氏支持率は51%から27%へ低下したが、依然としてブルームバーグ氏の22%、サンダース氏の19%を上回っている。

ブティジェッジ氏とクロブシャー氏は双方とも、この黒人層の支持取り付けが課題だ。両氏とも黒人有権者に食い込めていないし、ブティジェッジ氏はとりわけ、市長時代の警察運営や経済開発の優先順位といった点で、黒人層から不評だ。

最終的な決定要因は資金力かもしれない。ブティジェッジ氏、クロブシャー氏、バイデン氏は数日内に、資金集めのイベントを予定。3氏のうちではブティジェッジ氏がこれまで継続的に一番資金を集めてきたが、クロブシャー氏の陣営も11日、ネバダ州でのテレビ広告枠購入に向けて多額の資金を投入しつつあると表明した。

だが3氏とも、ブルームバーグ氏の資金力には太刀打ちできないだろう。ブルームバーグ氏は既に、選挙運動に2億5000万ドル以上を支出している。

ボストン大学のホプキンズ氏は、ブルームバーグ氏の存在感がだんだん視界に入りつつあり、民主党の候補指名レースは安定せず、下手すると7月の指名党大会まで不安定な状態が続きかねないとのムードに結びついていると指摘。「今年はまったく異例だ。誰も代議員の過半数を取れないとの見通しも出てきている」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below