February 28, 2019 / 5:07 AM / 25 days ago

米民主党のオルーク元下院議員、大統領選出馬巡り決断=報道

 2月27日、米民主党のベト・オルーク元下院議員(46)は、2020年大統領選に出馬するかどうかを決めたとし、近く決断内容を発表すると明らかにした。写真はオプラ・ウィンフリー氏の番組に出演する同元下院議員。ニューヨークで5日に撮影(2019年 ロイター/Carlo Allegri)

[ロサンゼルス 27日 ロイター] - 米民主党のベト・オルーク元下院議員(46)は、2020年大統領選に出馬するかどうかを決めたとし、近く決断内容を発表すると明らかにした。地元紙ダラス・モーニングニュースが27日、報じた。

オルーク氏に近い複数の人物が同紙に対し、オルーク氏が民主党の大統領候補指名争いに加わるとの見方を示した。

オルーク氏は同紙に宛てた文書で「国のために尽くす最善の方法について妻と決断を下した」とし、決断内容を「近く皆と共有できることにわくわくしている」と発表した。

同氏のスタッフがロイターに対し、文書の内容を確認した。具体的な計画については回答を控えた。

オルーク氏は昨年11月の中間選挙で上院選にテキサス州から出馬、現職のテッド・クルーズ氏に僅差で敗れた。

オルーク氏はこれまで、大統領選に出馬するかどうかを2月末までに決断すると明らかにしていた。今月に入って公の場所に複数回にわたり姿を見せて注目を集めており、今後の動静を巡って臆測が広がっていた。

同氏は今月、ニューヨークで人気司会者オプラ・ウィンフリー氏のインタビューに応じたほか、メキシコと国境を接するテキサス州エルパソでトランプ米大統領の移民政策を非難した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below