for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏12ポイントリード、「コロナ対応」など重視=世論調査

ロイター/イプソスが9月3日から8日にかけて実施した米大統領選に関する世論調査によると、実際に投票する可能性の高い有権者の間でトランプ大統領の支持率が40%、バイデン前副大統領は52%となり、バイデン氏が12%ポイントリードしている。デラウェア州ウィルミントンで4日撮影(2020年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

[9日 ロイター] - ロイター/イプソスが9月3日から8日にかけて実施した米大統領選に関する世論調査によると、実際に投票する可能性の高い有権者の間でトランプ大統領の支持率が40%、バイデン前副大統領は52%となり、バイデン氏が12%ポイントリードしている。

また「誰に投票するか決めていない」は5%、「別候補者に投票する」は3%となった。有権者全体では、バイデン氏のリードは8%ポイントだった。

ロイター/イプソスは今回初めて、実際に投票する可能性の高い有権者の支持率を調査した。

大統領を選ぶ決め手としては、28%が「新型コロナウイルスへの対応力」と回答。また23%は「政府の信頼回復力」、19%は「経済への対応力」、14%は「犯罪への取り締まり」を挙げた。

コロナ対応については、51%が「バイデン氏の方が良い」、38%が「トランプ氏の方が良い」と回答。一方、犯罪・社会不安への取り締まりについては、「トランプ氏の方が良い」が45%、「バイデン氏の方が良い」は40%だった。

経済対応については、トランプ、バイデン両氏とも支持率が45%と並んだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up