May 12, 2016 / 12:16 AM / 2 years ago

トランプ・ヒラリー両氏の支持率ほぼ拮抗、本選は接戦か

[ニューヨーク/ワシントン 11日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補指名獲得をほぼ確実にした不動産王ドナルド・トランプ氏の支持率が、民主党の最有力候補とされるヒラリー・クリントン氏と拮抗(きっこう)していることが、11日に発表されたロイター/イプソスの世論調査で明らかになった。

 5月11日、ロイター/イプソスの調査から、11月の米大統領選の共和党候補指名獲得をほぼ確実にした不動産王ドナルド・トランプ氏(写真右)の支持率が急上昇し、民主党の最有力候補とされるヒラリー・クリントン氏(左)と拮抗していることが明らかになった。6日撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson (L) and Jim Urquhart/File Photos)

これは11月8日に実施される米大統領選の本選が、予想以上に接戦となる可能性を示唆している。

今回の調査は6─10日にかけ、1289人を対象にオンラインで実施。クリントン氏を支持すると回答した有権者は41%、トランプ氏は40%、未定は19%だった。同調査の誤差は約3ポイント。

前週のインディアナ州予備選でテッド・クルーズ、ジョン・ケーシック両氏を破り、共和党候補指名獲得をほぼ確実にして以来、トランプ氏が支持率を大きく伸ばしている状況が浮き彫りとなった。

「数字に満足している。良い方向に向かっている」と、トランプ氏はロイターに書面でこのようにコメントした。一方、クリントン陣営の広報担当者は、コメントの要請には応じなかった。

共和党の選挙参謀であるデビッド・カーニー氏は、同調査について、民主党候補指名獲得争いで、バーニー・サンダース上院議員に対し今なお苦戦しているクリントン氏の脆弱(ぜいじゃく)さを露呈するものだと指摘した。

クリントン氏は今年実施された支持率調査のほぼすべてでトランプ氏をリードしており、これまでに支持率が拮抗したのは数回のみ。直近では、マルコ・ルビオ氏が共和党候補の指名争いから撤退した3月中旬に支持率が拮抗した。

一方、トランプ氏も問題を抱えている。各地の予備選で繰り広げた激しい「口撃」のせいで、一部の共和党幹部の支持を取りつけるのに苦労している。ポール・ライアン米下院議長を含む一部の共和党指導層は、トランプ氏への支持を保留している。

トランプ氏は12日にライアン下院議長ら共和党議員と会談する予定だが、論調のトーンダウンや政治的姿勢の明確化を求める圧力に直面するだろう。

バージニア大学の政治学教授、ラリー・サバト氏は、移民流入を阻止するための壁構築費用はメキシコに払わせるなどの公約を掲げるトランプ氏は、マイノリティー(少数派)有権者からの反対の壁にもぶつかる可能性を指摘。

「今回の大統領選は何はともあれ、米有権者の人口構成によって決定づけられるだろう。1週間では変わらない」と、同氏は語った。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below