Reuters logo
米大統領選、第3の候補望む声=世論調査
2016年7月8日 / 23:07 / 1年後

米大統領選、第3の候補望む声=世論調査

[ニューヨーク 8日 ロイター] - ロイター/イプソスが実施した米大統領選の候補者をめぐる世論調査で、民主党のクリントン氏と共和党のトランプ氏以外に、「リバタリアン党」のゲーリー・ジョンソン元ニューメキシコ州知事や「緑の党」のジル・スタイン氏らの第3の候補を望む声が出ていることが分かった。

 7月8日、世論調査によると、米大統領選に「リバタリアン党」のゲーリー・ジョンソン氏(写真)ら第3の候補を望む声が出ている。カリフォルニア州で6月撮影(2016年 ロイター/Patrick T. Fallon)

調査は7月1─8日に2153人を対象に実施。21%がクリントン氏もトランプ氏も支持しないと回答した。さらに、クリントン氏支持者のうち46%、トランプ氏支持者のうち47%が対立候補を当選させないことを最優先に投票すると回答。クリントン氏とトランプ氏の双方に対する好意的でない見方が広がっていることが示された。

これとは別に実施された調査の4氏の支持率は、クリントン氏が45%、トランプ氏が34%、ジョンソン氏が5%、スタイン氏が4%。

クリントン氏とトランプ氏のみを候補とする調査では、支持率はクリントン氏が46%、トランプ氏が33%だった。

ジョンソン氏とスタイン氏も共に知名度は低く、「ある程度知っている」との回答はジョンソン氏が23%、スタイン氏は16%だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below