for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-トランプ氏支持者、激戦州の開票所に集結 一部で衝突も

(フェニックスとミルウォーキーの状況を追加しました)

[フェニックス/フィラデルフィア 5日 ロイター] - 米大統領選の勝敗が決まらない中、接戦となっている州などでトランプ大統領とバイデン前副大統領の両候補の支持者らは、それぞれ票の集計を巡り抗議運動を展開した。

一部の地域では、トランプ氏の支持者が銃を持ち出したり、反トランプ派のデモ隊と衝突する場面も見られた。

激戦州のアリゾナ州では、州都フェニックスの開票所前に多数のトランプ氏支持者が集結。トランプ大統領を揶揄するプラカードを掲げた反トランプ派を追い回す場面があった。警察が介入し、負傷者は出なかった。

ウィスコンシン州のミルウォーキーでも、約50人のトランプ支持者が開票所に集まり、大音量でカントリーミュージックを流し、「再集計を」「不正だ」などと書かれたプラカードを掲げた。

これに対し、1時間後に現場に到着した十数人の反トランプ派は「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)」と叫んだり、車からトランプ支持者に卵を投げつけた。

フェイスブックは「投票の完全性を守る地上軍」の出動を呼び掛けていたトランプ大統領支持者のグループを同社サイトから削除したと発表した。

デモでバイデン氏の支持者らは「全ての票の集計を」と訴えており、開票作業が続いている激戦州での完全で正確な集計がバイデン氏による勝利に必要な選挙人270人の獲得につながるとしている。

一方、再選を目指すトランプ氏の支持者らは「票を守れ」と唱えている。トランプ陣営は法廷闘争に動き、再集計や投票日の後に到着した郵便投票の排除を求め複数州で提訴している。

開票作業が長引いている接戦州で大票田のペンシルベニア州のフィラデルフィアでは5日、両候補の支持者らによるデモが繰り広げられた。トランプ氏の支持者らは「投票は選挙日まで」、「申し訳ありませんが投票所は閉まりました」と書かれたプラカードを掲げた一方で、バイデン氏の支持者らはバリケード内でダンスする姿が見られた。

ペンシルベニア州の高裁はこの日、トランプ陣営がフィラデルフィアで行う集計作業の監視をさらに拡大することを認めた。

一方、「シャットダウンDC」と呼ばれるグループのウェブサイトによると、首都ワシントンでは同グループの活動家らが、トランプ氏と同氏支持者らによる「民主的プロセスへの攻撃」に抗議するため、自動車と自転車で列をつくりゆっくりと前進するデモを行った。

ニューヨーク市、コロラド州デンバー、ミネソタ州ミネアポリス、オレゴン州ポートランドの警察は、交通妨害などを理由にデモ参加者を拘束したと報告している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up