June 8, 2020 / 12:46 AM / a month ago

米共和党員、「米国の進路正しい」との回答46%にとどまる=調査

 6月7日、ロイター/イプソスが前週に実施した世論調査によると、共和党員を自認する米国民のうち、米国が正しい方向に進んでいるとする回答割合が46%にとどまった。写真は米メーン州で6月5日撮影(2020年 ロイター/Tom Brenner)

[7日 ロイター] - ロイター/イプソスが前週に実施した世論調査によると、共和党員を自認する米国民のうち、米国が正しい方向に進んでいるとする回答割合が46%にとどまった。これはバージニア州シャーロッツビルで開催された白人至上主義者の集会がそれに抗議する人々との衝突事件に発展した2017年8月以来の低水準だ。

新型コロナウイルス、景気低迷、黒人暴行死事件を巡る大規模デモの三重苦がトランプ政権の打撃となっている。新型コロナによる国内経済の閉鎖が実行される前の3月初めには共和党員の約7割は米国の先行きに楽観的だった。

一方、トランプ大統領の支持率は約40%前後で底堅い水準を維持。共和党員の大部分は依然として大統領の全般的な仕事ぶりを支持している。

ただ、専門家らによると、トランプ氏支持者の間で悲観的な姿勢が続けば、民主党の大統領候補指名を確定させたバイデン前副大統領と争う11月の本選挙を前に、トランプ大統領にとっては懸念材料となりそうだ。

共和党員の37%は米国が間違った方向に進んでいると回答。このうち17%は選挙が今実施されればバイデン氏に投票するとした。一方、63%は依然としてトランプ氏に投票するとしている。

トランプ氏陣営の広報担当者、エリン・ペリン氏は声明文で「世論調査は間違うことで悪名高い。大統領選まで5カ月あり、現時点の世論調査は選挙の結果を明確に示すものではない。各世論調査会社は(前回の大統領選があった)2016年にかなり間違っていたほか、トランプ大統領に対する有権者の熱狂を毎回過小評価している」とした。

ロイター/イプソスの世論調査は米国全土でオンラインを通じ英語で実施。米国民の成人1113人から回答を得た。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below