October 9, 2019 / 3:52 AM / 5 days ago

米民主サンダース氏、健康問題は選挙戦に悪影響なしと説明

 10月8日、来年の米大統領選に向けて野党民主党の候補指名を争うバーニー・サンダース上院議員(78、写真)は、先週の心臓発作発症前に体調に表れていた兆候を無視したのは愚かだったと述懐した。写真はシドニーで昨年2月撮影(2019年 ロイター/Daniel Munoz)

[ワシントン 8日 ロイター] - 来年の米大統領選に向けて野党民主党の候補指名を争うバーニー・サンダース上院議員(78)は8日、先週の心臓発作発症前に体調に表れていた兆候を無視したのは愚かだったと述懐した。ただ、この問題が選挙戦に悪影響を及ぼすことはないとした。

サンダース氏は、1日にネバダ州遊説中に胸の痛みを訴えて選挙関連イベントを中止した。

同氏は、療養中のバーモント州の自宅前で8日記者団に、「気分は良く、少し仕事をした」と説明。健康問題は「助けにも打撃にもならないと思う」と語った。発作に襲われる前はアイオワ州とニューハンプシャー州で強行軍の遊説をこなしていたと明かし、「私は愚かだったと言わざるを得ない」とした。

「ここ1、2カ月はいつもより疲れがひどかった。その症状に耳を貸すべきだった」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below