November 6, 2018 / 9:52 PM / 9 days ago

米中間選挙、2州で投票時間延長求める動き 投票機障害で

 11月6日、米公民権擁護団体によると、米中間選挙で少なくとも12州で自動投票機などに障害が発生したことが報告された。カリフォルニア州の投票所で撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン/アトランタ 6日 ロイター] - 米公民権擁護団体によると、6日投開票の米中間選挙で少なくとも12州で自動投票機などに障害が発生したことが報告された。このうちアリゾナ州とジョージア州では擁護団体が一部の郡の投票時間延長を求めて提訴した。

州知事選が激戦となっている南部ジョージア州では、投票機に技術的な問題が発生し、有権者が4時間以上待たされる状況も見られたという。

公民権擁護団体は、ジョージア州フルトン郡で投票時間の延長が認められたと明らかにした。郡当局者のコメントは得られていない。

同団体はアリゾナ州最大のマリコパ郡でも、障害が発生した50の投票所の投票時間を2時間延長するよう求めて郡当局を提訴した。アリゾナ州の投票終了時間は米東部時間午後9時(日本時間7日午前11時)。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below