for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米共和トップ、円滑な政権移行を強調 トランプ発言に否定的

[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領が、大統領選でジョー・バイデン氏が勝利した場合でも平和的な政権交代に協力するという確約を拒んだことに対し、マコネル上院院内総務が「円滑な政権移行が行われる」と強調するなど、複数の共和党議員から否定的な反応が出ている。

トランプ大統領は前日、大統領選で野党民主党候補のバイデン前副大統領に敗北した場合、平和的な政権交代にコミットするかどうかについて明言を避け、「何が起きるか見る必要があるだろう」と述べた。

マコネル氏は24日にツイッターへの投稿で「11月3日の選挙での勝者が1月20日に就任する。1972年以降、4年ごとに行われてきたように、円滑な政権移行が行われる」と強調した。

マコネル氏以外にも、複数の共和党議員がトランプ大統領の発言に直接的な批判は避けつつも、平和的な政権交代に支持を表明。チェイニー元副大統領の娘リズ・チェイニー下院議員はツイッターへの「平和的な政権移行は合衆国憲法に明記され、米国の生存にとっての基盤だ。米大統領は憲法に宣誓を誓っており、その誓いを守ることになる」と述べた。

2016年に共和党の大統領候補指名獲得を争ったルビオ上院議員も「通常の大統領選よりも結果が判明するのに時間がかかる可能性はあるが、正当な結果になる」と主張した。

野党民主党の大統領候補バイデン前副大統領は、トランプ氏の政権移行を巡る発言に「理不尽だ」とコメントした。

トランプ氏は、新型コロナの感染拡大を受けて民主党が推進している郵便投票は不正行為を引き起こすと繰り返し主張している。24日にもFOXニュース・ラジオのインタビューで、郵送投票は「ホラーショー」だと批判した。

*情報を追加しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up