for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン陣営、米政府機関に正式な政権移行の承認求める

 11月8日、米大統領選で勝利した民主党のバイデン前副大統領の陣営は、連邦政府一般調達局(GSA)のマーフィー局長に対し正式な政権移行を承認するよう求めた。写真は7日、デラウェア州ウィルミントンで演説するバイデン氏(2020年 ロイター/Jim Bourg)

[ワシントン 8日 ロイター] - 米大統領選で勝利した民主党のバイデン前副大統領の陣営は8日、連邦政府一般調達局(GSA)のマーフィー局長に対し正式な政権移行を承認するよう求めた。

バイデン陣営は国家の安全保障と経済的利益は「円滑で平和的な権力の移行」が行われるという明確な表明にかかっていると指摘した。

GSAの報道官によると、マーフィー氏は「(大統領選の)勝者がはっきりした」とは判断していない。同氏は2017年にトランプ氏が任命した。

GSAの承認がないとバイデン陣営は数百万ドルの政府資金を使ったり情報機関などの高官と会ったりすることができない。同報道官はいつ決定が下されるかについて明言を避けた。

政権移行に詳しいマーサ・ジョイント・クマー氏によると、バイデン陣営は政権移行法に基づいて商務省に執務スペースを確保したが、GSAの判断がなければ人件費などを公費で賄うことができない。

ただバイデン氏側はこれまでに一定の資金を集めており、政権移行のプロセスは好スタートを切ったとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up