February 27, 2020 / 12:14 AM / a month ago

トランプ陣営、激戦州で黒人有権者向け広報センター開設へ

 2月26日、トランプ米大統領の選対陣営は、激戦州の15都市で黒人有権者向けの広報センターを開設すると発表した。21日、米ラスベガスで撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米大統領の選対陣営は26日、激戦州の15都市で黒人有権者向けの広報センターを開設すると発表した。再選に向け、野党・民主党の主要支持層である黒人の票を取り込みたい考え。

ただ、トランプ氏にとって、黒人票の獲得は容易ではないとみられる。今月19─25日に実施したロイター/イプソスの世論調査によると、アフリカ系米国人の間ではトランプ氏の支持率は15%にとどまり、不支持率は79%と高かった。

前回の2016年の大統領選では、トランプ氏に投票したアフリカ系米国人は全体の8%にとどまったのに対し、民主党候補のヒラリー・クリントン氏は89%の票を集めたことが選挙日の世論調査で明らかになっている。

それでもなお、トランプ陣営の幹部らは11月3日の選挙を前に、黒人の支持率引き上げは可能と考えている。好調な米経済、刑務所改革法案、歴史的黒人大学(HBCU)にトランプ氏が支持を示していることが理由だ。

同陣営の選対本部長を務めるブラッド・パースケール氏は記者団に、黒人社会の支持率は「2016年に比べると少なくとも倍増している」と述べた。

新たな広報センターは激戦州とされるフロリダ、ジョージア、ミシガン、オハイオ、ペンシルベニア、ノースカロライナ、ウィスコンシンの各州に設置。トランプ陣営のグッズや広報資料を提供する。開設コストは公表していない。

ある陣営幹部は「トランプ大統領は全ての票のために積極的に選挙運動を展開する」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below