Reuters logo
トランプ氏勝利なら米経済に深刻な打撃、独経済省が分析=雑誌
2016年10月2日 / 23:16 / 1年後

トランプ氏勝利なら米経済に深刻な打撃、独経済省が分析=雑誌

[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツ経済省は、米大統領選で共和党のトランプ候補が勝利した場合、米経済が深刻な打撃を受けると分析している。独誌シュピーゲルが1日報じた。経済省は、トランプ氏が大統領に選ばれて選挙公約を実施した場合、米国の国内総生産(GDP)は縮小し、雇用減と失業率上昇につながるとの見通しを示している。

 10月1日、独誌シュピーゲルが報じたところによると、ドイツ経済省は、米大統領選で共和党のトランプ候補(写真)が勝利した場合、米経済が深刻な打撃を受けると分析している(2016年 ロイター/Mike Segar)

トランプ氏は、選挙公約で4兆4000億ドル規模の減税措置や規制緩和を掲げている。さらに、他国との通商条約交渉で厳しい姿勢を示すべきだと主張している。

同氏は、自身の経済政策により米国の成長率は3.5%に達し、今後10年で2500万人の雇用が創出されると主張。ただ、一部エコノミストはトランプ氏の見通しに疑問を抱いている。

調査会社オックスフォード・エコノミクスは先月、トランプ氏が大統領になれば、2021年の米経済規模は、現在予想されている水準を1兆ドル下回るとの見方を示した。

*カテゴリーを追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below