December 15, 2015 / 6:33 AM / 4 years ago

トランプ氏、主治医が健康状態を絶賛 飲酒や喫煙の習慣もなし

 12月14日、次期米大統領選で共和党の有力候補とされているトランプ氏の健康状態について、主治医が「お墨付き」を与えたことが分かった。写真は11日、米アイオワ州デモインで撮影(2015年 ロイター/Scott Morgan)

[ワシントン 14日 ロイター] - 来年の次期米大統領選で共和党の有力候補とされているドナルド・トランプ氏(69)の健康状態について、主治医が「お墨付き」を与えたことが分かった。トランプ氏の陣営が14日、主治医の報告書を公表した。そのなかで主治医は、トランプ氏の健康状態は良好なほか、過去にアルコールやたばこを摂取したことがなく、当選すれば疑いなく「これまでで最も健康な大統領」になると述べている。

報告書は、トランプ氏を1980年以来診察しているハロルド・ボーンスタイン医師が作成。「最近全身の健康診断を行い、良好な結果のみだった」と述べた。

報告書によると、トランプ氏は過去1年間に15ポンド(約6.8キロ)減量。がんの発症歴はなく、10歳のときに虫垂を切除して以来手術を受けていない。毎日アスピリンと、コレステロール値を下げる薬を服用しているという。

大統領選の候補は、病歴や主治医の署名入りの報告書を公表するのが通例。民主党のヒラリー・クリントン氏らが健康情報を公表するなか、トランプ氏にも公表を求める声が高まっていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below