for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ローマ法王、トランプ氏「キリスト教徒でない」 移民への考え批判

 2月18日、ローマ法王は米大統領選の共和党候補指名を狙うドナルド・トランプ氏について、移民に対する考え方を理由に「キリスト教徒でない」と批判した。遊説先からの帰国便内で記者と話をする法王、17日撮影(2016年 ロイター/Alessandro Di Meo)

[ニューベリー(米サウスカロライナ州) 18日 ロイター] - ローマ法王は18日、米大統領選の共和党候補指名を狙う不動産王ドナルド・トランプ氏について、移民に対する考え方を理由に「キリスト教徒でない」と批判した。

法王はメキシコ訪問を終えて帰国する機中で、不法移民を防ぐためにメキシコ国境に壁を建設するなどとしたトランプ氏の移民に関する考え方について質問された際に「架け橋を築けないとしても、そこに壁を作ることだけを考える人はキリスト教徒とは言えない」と批判した。

ただ、米国のカトリック教徒に対して、トランプ氏に投票すべきかどうかは提言したくない、と語った。

これに対してトランプ氏は「一個人の信義を疑うことは、宗教指導者として不名誉なことだ」と反論した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up