for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ツイッターとフェイスブック、トランプ氏アカウントを停止 規定違反で

[6日 ロイター] - 米短文投稿サイトのツイッターは6日、選挙などに関する同社規定への度重なる重大違反を理由に、トランプ米大統領のアカウントを12時間停止したと発表した。フェイスブックもトランプ氏のアカウントについて、同社のポリシーに違反したとして24時間投稿できなくするとツイートした。

 米ツイッターは6日、選挙などに関する同社規定への度重なる重大違反を理由に、トランプ米大統領(写真)のアカウントを12時間停止したと発表した。フェイスブックもトランプ氏のアカウントについて、同社のポリシーに違反したとして24時間投稿できなくするとツイートした。ワシントンで撮影。(2021年 ロイター/Jim Bourg)

首都ワシントンではこの日、昨年11月の米大統領選の選挙人投票集計が連邦議会で行われる中、議事堂周辺に集まったトランプ大統領支持者の一部が警備を破って建物内に侵入。これを受けて議事堂は閉鎖され、上下両院合同本会議の討議も中断。警察によると、議会警察の銃撃での1人を含め4人が死亡した。[nT9N2H5038]

ツイッターは、「ワシントンで起きている前代未聞の暴力的な事案」を受け、トランプ氏のツイート3件を非公開にし削除を求めたと説明。対象のツイートが削除されなければ、同氏のアカウントを停止し続けるという。

さらに、トランプ氏が再度、同社規定に違反するツイートをした場合には恒久的にアカウントを停止すると警告した。

一方、フェイスブックとアルファベットの子会社グーグル傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」は、トランプ氏がデモに参加している支持者に家に帰るよう呼び掛けながらも大統領選の不正を改めて主張している動画を削除した。

フェイスブック傘下の写真共有アプリ「インスタグラム」の責任者、アダム・モッセーリ氏はツイッターへの投稿で、インスタグラムも同じ動画を削除し、トランプ氏のアカウントを24時間停止したと明らかにした。

ユーチューブは動画の削除について、不正の横行が2020年米選挙の結果を変えたとの主張がコンテンツに関するポリシーに違反したと説明した。

ユーチューブはトランプ氏のアカウントに対する措置は講じていない。

テクノロジーニュースサイト、インフォメーションによると、スナップチャットもトランプ氏が投稿できないようにした。

トランプ氏は6日、議事堂への侵入は自然な反応であり、ペンス副大統領は選挙の不正を主張し続ける「勇気」を欠いているとツイートしたが、ツイッターによって後に削除された。

ホワイトハウスの報道官はコメントの求めに応じていない。

<暴力のリスク>

フェイスブックのバイスプレジデント、ガイ・ローゼン氏はツイッターへの投稿で、トランプ氏の動画は「現在進行している暴力のリスクを小さくするどころか助長している」との同社の見解を示し、削除は「適切な緊急措置」の一環だとした。

調査会社アドバンス・デモクラシーによると、トランプ氏の熱狂的な支持者によるサイト「TheDonald.win」には「われわれは血を欲している」「ペロシ(下院議長)を殺せ」などの発言が投稿された。

一方、名誉棄損防止連盟(ADL)やカラー・オブ・チェンジなどの人権擁護団体はソーシャルメディア企業に対し、トランプ氏のアカウントを恒久的に凍結するよう求めた。

フェイスブックで最高セキュリティー責任者(CSO)を務めたアレックス・ステイモス氏は「ツイッターとフェイスブックはトランプ氏を排除すべきだ」とツイートした。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up