April 15, 2019 / 6:00 PM / 4 months ago

米大統領選出馬ウォーレン氏、国有地で化石燃料採掘禁止の方針

[15日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補指名を目指すウォーレン上院議員は15日、連邦政府保有地や沿岸水域で、すべての化石燃料採掘を禁じる方針を表明した。

党内の有力候補らは気候変動問題を選挙戦の中心に据えるが、具体的な政策を打ち出しておらず、一歩先行した形だ。ニュースサイト「ミディアム」への投稿で、就任初日に「沖合や公共用地での掘削を含む、あらゆる化石燃料(産出向け)の新規リースを完全に一時禁止する」大統領令に署名する考えを示した。

公共用地での化石燃料採掘が国内温室効果ガス排出の25%を占めるとして、気候変動に対抗する「真剣な取り組み」の対象に公共用地を含む必要性を訴えた。

石油・ガス事業のメタン排出規制の復活や、公共用地で再生可能エネルギー事業を拡大する方針なども明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below