November 25, 2019 / 2:27 AM / 14 days ago

ウォーレン議員、米大統領選対策本部率いる女性議員3人を発表

 11月22日、2020年米大統領選の民主党候補指名を目指しているエリザベス・ウォーレン上院議員(写真)は、自身の選挙対策本部を民主党の女性下院議員3人が率いると発表した。11月20日、ジョージア州アトランタで撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 22日 ロイター] - 2020年米大統領選の民主党候補指名を目指しているエリザベス・ウォーレン上院議員は22日、自身の選挙対策本部を民主党の女性下院議員3人が率いると発表した。

大統領選の選対本部長は有権者とじかに接し、選挙運動で対外的な「顔」となることが多い。ウォーレン氏は、全国的に知名度が高く民主党の有望株で、昨年の選挙で女性候補躍進の波に乗って当選した女性3人を本部長に選出した。

デブ・ハーランド氏は下院初の先住民(インディアン)女性議員2人の1人で、ニューメキシコ州選出。ケイティー・ポーター氏はウォーレン氏が教鞭を取っていたハーバード大ロースクールの元学生で、伝統的に共和党の地盤であるカリフォルニア州の選出。またアヤンナ・プレスリー氏はマサチューセッツ州初のアフリカ系女性下院議員。

3人はいずれもウォーレン氏への支持を表明しており、既にプレスリー氏などは選挙運動に加わっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below