March 8, 2019 / 5:06 PM / in 10 days

米大統領選出馬表明のウォーレン氏、アマゾンなどハイテク解体を視野

[8日 ロイター] - 2020年米大統領選への出馬を表明した民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員は8日、大統領に選出されれば、アマゾン(AMZN.O)やアルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグル、フェイスブック(FB.O)などハイテク企業の解体を目指すと述べた。同セクターの競争促進に向けた構造改革の一環という。

ウォーレン議員はブログへの投稿で、フェイスブックがインスタグラムを買収したように、ハイテク企業は潜在的な競合企業の買収が認められてきたと指摘。「ハイテク企業は競争を排除し、利益のために個人情報を使用し、公平な場を崩した。その過程の中で、小規模企業を苦しめ、イノベーションを抑圧してきた」と述べた。

8日序盤の取引で、アマゾン株価は1.5%安。フェイスブックとアルファベットは0.6%安。

アマゾン、グーグル、フェイスブックはコメント要請に応じていない。

電子商取引団体のネットチョイスは、「ハイテク市場に競争がほとんどないとのウォーレン議員の主張は間違っている」とし、米国民のコスト上昇を招くとした。

シンクタンクの企業競争研究所(CEI)はウォーレン氏の発言に対し「規制当局による絶望的な実験」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below