for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏が書簡で石油会社非難、ガソリン価格高騰巡り

[ワシントン 15日 ロイター] - バイデン米大統領は15日、石油会社への書簡でガソリンの供給を増やしていないと非難を展開した。ロイターがコピーを確認した。

この中で大統領は、利益のため石油精製を減らしていると石油会社を非難し、精製不足でガソリン価格が石油価格より早いスピードで上昇していると指摘。

「精製能力不足が価格上昇に対する政府の対策を不十分にし、消費者につけを回している」と強調した。

夏のドライブシーズンを前にガソリン価格が1ガロン5ドル超と過去最高に上昇したことを受け、大統領はここ数日石油会社への批判を強めている。

これまでは対ロシア制裁が石油価格上昇の主因としていたが、最近は批判の矛先を最高益を上げた主要石油会社に向けている。

大統領は、グランホルム・エネルギー長官が石油会社の価格上昇への対応を話し合う緊急会議を計画しているとし、その前に各社から対応について回答を求めた。 ホワイトハウス高官によると、書簡の対象はマラソン・ペトロリアム、バレオ・エナジー、エクソン・モービル、フィリップス66、シェブロン、BP、シェル。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up