August 21, 2018 / 2:56 PM / a month ago

トランプ政権、オバマ前政権の環境規制の見直し案を提示

[ワシントン 21日 ロイター] - 米トランプ政権は21日、オバマ前政権時代に制定された発電所の二酸化炭素排出量規制「クリーンパワープラン(CPP)」について見直し案を提示した。

環境保護局(EPA)が発表した提案は、発電所に対する規制の裁量を州政府に与えるもので、各州政府は独自に規制緩和を行うことができる。EPAは意見公募を踏まえ、年内に結論を出す見込み。

CPPは発電所の二酸化炭素排出量を2030年までに2005年より32%削減させることを目標に掲げているが、州などが規制の実施差し止めを求めEPAを提訴、連邦最高裁は2016年に差し止めを認めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below