August 27, 2018 / 3:08 AM / 25 days ago

米・EU通商交渉、作業部会が初会合 米政府は協議加速要求

[ベルリン 25日 ロイター] - トランプ米大統領とユンケル欧州委員長の先月の会談後に立ち上げられた米・欧州連合(EU)の通商交渉を巡って、米政府は協議を加速するようEU側に働き掛けているという。米独の政府高官の話で分かった。

 8月24日、トランプ米大統領(写真右)とユンケル欧州委員長(写真左)の先月の会談後に立ち上げられた米・欧州連合(EU)の通商交渉を巡って、米政府は協議を加速するようEU側に働き掛けているという。写真は先月、通商交渉について演説する両首脳。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

ヘイバー駐米ドイツ大使は記者団に対して、会談を受けて設置された作業部会が今週、初会合を開いたことを明らかにした上で、米政府は「非常に迅速な結果」を求めていると述べた。大使は「スケジュールに関して言えば、欧州議会選挙が来年実施されることを踏まえると、選挙前の適切な時期に合意がまとまらなければならない」と指摘した。

米政府のある当局者も、米政権が交渉の迅速化を要求していることを確認した。ただ、具体的なスケジュールについては言及しなかった。

トランプ米大統領は先月、ユンケル欧州委員長との会談で、自動車を除く工業製品に対する貿易障壁の撤廃に向けて取り組むことで合意した。交渉を進めている間は自動車関税の発動を控えることも示唆した。

予想外の合意を受けて、米・EU間の通商摩擦激化の脅威は当面は後退したものの、作業部会の初回会合は欧州の休暇後まで延期された。米政府は会談後数週間の進展の遅さに苛立ちを募らせているもようだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below