for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、9月末までに3証券取引所が新設 競争激化へ

8月21日、米国では9月末までに新たに3つの証券取引所が開設されることが分かった。新型コロナウイルス禍で売買高が膨らむ中、ニューヨーク証券取引所やナスダックなど既存の証券取引所との競争激化が見込まれる。写真は2015年9月、ニューヨーク証券取引所前で(2020年 ロイター/Lucas Jackson )

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米国では9月末までに新たに3つの証券取引所が開設される予定だ。新型コロナウイルス禍で売買高が膨らむ中、ニューヨーク証券取引所やナスダックNDAQ.Oなど既存の証券取引所との競争激化が見込まれる。

シリコンバレーを拠点とするロングターム証券取引所(LTSE)は8月28日から2銘柄で取引を開始し、9月9日までに全銘柄の取引を可能にするよう拡充する。LTSEは、上場企業や利害関係者に関する方針を厳格化することにより、企業の長期戦略促進を目的としている。

また、JPモルガンJPM.Nやバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)BAC.N、ゴールドマン・サックスGS.N、ブラックロックBLK.Nなどが出資する証券取引所メンバーズ・エクスチェンジ(MEMX)は9月4日から段階的に取引を開始する。

オプション取引所を運営するマイアミ・インターナショナル・ホールディングスが新設する証券取引所MIAXパール・エクイティーズは9月25日の取引開始を予定。同取引所には中南米企業が上場する。

これにより、米国の証券取引所は16となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up