July 4, 2019 / 2:11 AM / 18 days ago

国境の壁建設問題、米控訴裁も麻薬対策費の流用認めず

 7月3日、国防総省の麻薬対策関連予算25億ドルをメキシコ国境沿いに壁を建設する費用に振り向ける米政府の計画について、米連邦控訴裁判所は、計画の差し止めを命じた一審判決を支持する判断を下した。写真は国境の壁のメキシコ側からこちらをみる子供。テキサス州エル・パソで5月撮影(2019年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[3日 ロイター] - 国防総省の麻薬対策関連予算25億ドルをメキシコ国境沿いに壁を建設する費用に振り向ける米政府の計画について、米連邦控訴裁判所は3日、計画の差し止めを命じた一審判決を支持する判断を下した。

トランプ政権は壁建設費について議会の承認が得られないことから、2月に国家非常事態を宣言して既に割り当てられた予算の使途を変更する形で67億ドルの建設費を捻出。これに対し、カリフォルニアなどの州と複数の団体はそれぞれ、差し止めを求める訴訟を提起していた。

米カリフォルニア州の連邦地裁は前週、麻薬対策関連予算25億ドルを流用する計画は違法との判断を示し、差し止めを命じた。これを受けてトランプ政権は控訴し、上訴審の判決が出るまで差し止め命令を保留するよう申し立てた。

第9巡回連邦控訴裁の判事3人によるパネルは「議会は(トランプ政権が)設置を求めている国境の障壁に予算を割り当てなかった。議会は現時点で壁建設は国民の利益にならない判断したようだ。われわれが異なる結論を出すべきではない」と説明。

差し止め命令保留の申し立ても却下し、憲法は納税者の資金をどのように使うか判断する権限を議会に与えているとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below