Reuters logo
バングラ中銀総裁が辞任、ハッカーによる8100万ドル盗難で引責
2016年3月15日 / 08:17 / 2年前

バングラ中銀総裁が辞任、ハッカーによる8100万ドル盗難で引責

[ダッカ 15日 ロイター] - バングラデシュ銀行(中央銀行)のアティウル・ラーマン総裁は15日、米ニューヨーク連銀にある口座から8100万ドルがハッカーに盗まれた事件の責任を取って辞任したことを明らかにした。

 3月15日、バングラデシュ銀行(中央銀行)のアティウル・ラーマン総裁は、米ニューヨーク連銀にある口座から8100万ドルがハッカーに盗まれた事件の責任を取って辞任したことを明らかにした。写真はニューヨーク連銀のビル。2012年10月撮影(2016年 ロイター/Keith Bedford)

ラーマン総裁はロイターに対し、ハシナ首相が辞任を受け入れたと語った。

事件は2月4日━5日に起きた。バングラデシュ中銀のコンピューターシステムがサイバー攻撃を受け、ニューヨーク連銀にある同中銀の口座からフィリピンのカジノに8100万ドルが送金された。犯人は不明。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below