Reuters logo
ストレステストの簡素化可能、質的審査は除外も=パウエル米FRB理事
2017年4月20日 / 15:07 / 7ヶ月後

ストレステストの簡素化可能、質的審査は除外も=パウエル米FRB理事

[ワシントン 20日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル理事は、国内で事業を展開する銀行を対象に実施しているストレステスト(健全性審査)について、簡素化することが可能との認識を示した。金融業界関連のイベントで述べた。

ストレステストで行なってきた質的審査は銀行がリスクを理解する上で重要な役割を担ってきたと指摘。大きな進展が見られたとして、ストレステストから除外できるとの考えを示した。「リスク管理の質的監視をストレステストから除外し、通常の企業監視の一部に戻す時期に来ていると思う」としている。

また破綻時の処理計画「リビングウィル(生前遺言)」についても、提出頻度を現行の毎年から2年おきに減らすことも検討すべきとの考えを示した。この他、取締役会への規制負担についても軽減する可能性があるとしている。

米経済については、完全雇用か、これに近い状況にあるとの認識を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below