May 12, 2020 / 7:33 PM / 17 days ago

米社債市場、小規模な支援でも助けに=リッチモンド連銀総裁

[ワシントン 12日 ロイター] - 米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は12日、連邦準備理事会(FRB)のセカンダリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティー(SMCCF)について、比較的小規模な支援でも助けになるとの考えが背景にあると説明した。

FRBはこの日、SMCCFを通して社債に投資する上場投資信託(ETF)の購入を開始。バーキン総裁は「小規模な資金が市場の安定化につながる可能性があるとの考え」に基づいていると述べた。

バーキン総裁はこのほか、新型コロナウイルス感染拡大による打撃からの景気回復は当初の想定よりも緩慢になる公算が大きいため、これまでにかなりの規模の財政出動が打ち出されたものの、「一段の対応が必要になる公算が大きい」と指摘。ただ、単純に計算すれば第3・四半期は大幅な成長が見込めるとし、この成長をできる限り大きなものにすることが政策の課題となるとの考えを示した。

また、経済活動の再開に消費者がどのような反応を示すか検証するに当たり向こう6─8週間が重要になると指摘。感染拡大第2波の発生を防ぐことが最重要事項となると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below