March 5, 2019 / 5:12 PM / 19 days ago

米農村部の低就業率は重要問題、都市部と乖離=リッチモンド連銀総裁

[5日 ロイター] - 米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は5日、米国の小さな農村部における低い就業率は連邦準備理事会(FRB)が雇用最大化を達成する上で重要な問題との見方を示した。

バーキン総裁は、16歳から64歳の米農村部の就業率が都市部より10%ポイント下回っていると指摘。「FRBの使命には雇用最大化が含まれており、労働市場のギャップを気に掛けている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below