May 15, 2019 / 5:47 PM / in 6 days

利上げや利下げの根拠なし、業況感に不安も=米リッチモンド連銀総裁

[ニューヨーク 15日 ロイター] - バーキン米リッチモンド地区連銀総裁は15日、米経済の力強い伸びや物価の落ち着きを踏まえ、利上げや利下げを行う根拠は見当たらないとの考えを示した。

総裁は「インフレが抑制されているのに利上げしたり、経済成長が健全であるのに利下げすることは、明確な根拠に基づいていない」と語った。

同時に、地元財界の景気判断は「まずまずだが最高ではない」とし、企業債務が拡大すれば経営の基盤が揺らぎ、雇用や投資の面で過度に内向きな判断をしかねないと警告。消費者が所得や貯蓄の上向きを期待する一方で、企業は先行き不安を抱えており、経済が景気後退(リセッション)に陥る可能性を軽視できないとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below