for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

企業の合理化で雇用回復鈍化も=リッチモンド連銀総裁

米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は15日、米経済に対する信頼が高まれば、家計や企業が支出を拡大させる可能性はあるが、雇用を巡る需給のミスマッチにより労働市場の回復には時間がかかるかもしれないと述べた。ワシントンのFRB本部で2012年4月撮影(2020年 ロイター/JOSHUA ROBERTS)

[15日 ロイター] - 米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は15日、米経済に対する信頼が高まれば、家計や企業が支出を拡大させる可能性はあるが、雇用を巡る需給のミスマッチにより労働市場の回復には時間がかかるかもしれないと述べた。

ニューヨーク経済クラブ主催のオンライン討論会で、小売店やレストランで働いていた一部の人は次の就職先が見つかりにくいと指摘。「好調でも合理化を選択する企業は多い。失業者が次の仕事やキャリアに就けるよう支援する方法を考えることに真の価値がある」と述べた。

また、多くの家計や企業が新型コロナウイルス禍で貯蓄を積み上げていると言及。消費再開は経済の押し上げにつながるが、家計や企業は消費を拡大させる前に新型コロナや経済について安心感を得る必要があるかもしれないと語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up